読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴の本箱

本のこと、あれこれ(覚書)

おにぎり

 体温並みの猛暑日が続くと、食欲も減退...と思いきや、梅干し入りのおにぎりだけは別。海苔の香りと酸っぱい梅干しで、失いかけていた私の食欲は見事に復活するのでした。母が作るおにぎりは海苔でごはんを完全に覆う丸い形ですが、私は高校のときから三角にこだわってました。各家庭で作られるおにぎりは、形も中の具材も様々。それもまた故郷の味のひとつかもしれません。

 日本のソウルフード、おにぎり。それを絵本にした一冊がこれ。

 『おにぎり』

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

 おにぎりを握っていく。実にシンプルなストーリーです。

「あつ、あつ。ふっ、ふっ」。

「ぎゅっ。ぎゅっ」。

 写実的でシンプルなイラストと、童謡のようなリズムのある文章で綴られていて、おにぎりが食べたくなる一冊です。

広告を非表示にする