鈴の本箱

本のこと、あれこれ(覚書)

「東京国際ブックフェア」

昨日、「東京国際ブックフェア」へ出かけました。基調講演と宝探し的な感覚で読みたい本を見つけたいという目的で毎年出かけているイベントです。 今年の基調講演は林真理子、湊かなえ、朝井リョウ、茂木健一郎、内田樹と多彩。 今回、林真理子氏の基調講演…

『水』、『丸の内』(『群像』10月号より)

今年、創刊70周年を迎えた『群像』。10月号はその記念号として「短編名作選」です。 その短編作品は全部で54編。創刊から今日まで『群像』に掲載された短編作品をピックアップ。三島由紀夫、太宰治から滝口悠生や川上未映子など豪華な作家が勢ぞろい。長編し…

わたしは猫の病院のお医者さん

猫のストーリーを読んだせいなのか、飼ってもいないのに「猫」がマイ・ブームとなっています。 「かわいい〜」とか「癒されるぅ〜」と引き寄せ本に目が行きがちですが、一方で猫の野生的な一面といいましょうか、生態や行動についてはあまり知りません。「猫…

通い猫アルフィーのはつ恋

『通い猫アルフィーの奇跡』の続編、『通い猫アルフィーのはつ恋』を読み終えました。 通い猫として暮らしているアルフィーが住むエドガー・ロード。その住宅地に新たな家族、スネル一家が越してきます。その家族はちょっとワケアリで近所住民との接触を避け…

ほっとする禅語70

お盆生まれの宿命といいましょうか、今年も誕生日のロウソクの代わりに仏壇のロウソクを灯す日がやってきました。お線香の香りに包まれて誕生日を祝ってもらっていたわけですが、年を重ねるにつれ、悟りを開きたくなるのか、今年は禅語の本を読みました。 『…

通い猫アルフィーの奇跡

関東地方はやっと梅雨明け。 連日、気が滅入る天気に気が滅入るニュース。下降気味な気分をリフトアップすべく、なんかおもしろそうな本はないかと、何かの雑誌にはさまっていたハーパーブックスのDMを眺めていました。 ハーパーブックスといえば、ご存知、…

ビル・カニンガム & ニューヨーク

先月25日に亡くなったフォトグラファーのビル・カニンガム。以前、彼を追ったドキュメンタリーを見たときに、その温厚で細身な姿とタフな撮影活動に感銘を受けて、再度視聴しました。 『ビル・カニンガム & ニューヨーク』 (以下、ネタバレ) ビル・カニン…

駄作

新刊コーナーで見つけた一冊。 ジェシー・ケラーマン著 『駄作』(原題:Potboiler) たまには海外作品でもと思い、けっこう分厚い文庫ならさぞかし読み応えがあるのだろうと期待しましたが、中盤から失速してしまい、だらだらとなんとか読み終えました。(…

ワンス・ア・イヤー

買い物帰りに立ち寄ったブックオフの100円文庫の中から選んだ一冊。 林真理子著『ワンス・ア・イヤー』 フィクションですが、23歳から36歳の14年間の著者の自伝的な小説です。時代は80年代。流行りのファッションや店、ゲーム(パックマン)、車載電話などの…

憧れのお店屋さん

すっかりご無沙汰のブログ。 その理由はただ一つ、どの本も読み終えていないからです。 「雨読」。梅雨こそ読書のはずなんですが、どういうわけかモチベーションが上がりません。今年は積読本をなんとか解消しようと試みているものの、どうしてこの本を選ん…

100分de名著(人生の意味の心理学)

今さらではありますが、2月のEテレ「100分de名著」でアドラーの『人生の意味の心理学 What Life Should Mean to You』をなんとなく見ていました。 第3回目だったか、対人関係について岸見一郎氏が解説していました。承認欲求や共同体感覚など、興味深い内…

ずっしり、あんこ

読むと食べたくなる一冊。 『ずっしり、あんこ』(河出書房新社) 読者登録させていただいているアキ・ラメーテさんのブログで紹介されてからずっと気になっていた一冊でした。 aki-ramete.hatenablog.com 実店舗で現物を見てから買いたいと思いながらずっと…

類語国語辞典

以前から欲しかった類語辞典。最近では書店であまり見かけなくなってしまいました。入学シーズンのこの季節「辞書を読む」プロジェクトを知り、そのブックフェア開催店の地元の書店に出かけました。 角川の類語国語辞典は実物をまだ見たことがなく、フェアの…

猫の広告文

夏目漱石自身が書いた広告(予告)文の一つ。 『猫の広告文』 短い文章なのに、すでにクスッと笑えてしまうユニークさがあります。 吾輩は又猫相応の敬意を以て金田令夫人の鼻の高さを読者に報道し得るを一生の面目と思ふのである。 猫相応の敬意...。人間の…

隠れ貧困

年度が切り替わるこの時期、社会保険料や税金など今年度はどのくらい払うんだろうと気になってしまいます。節約しても出費がかさみ、どうしたものだろうかと思っていた矢先に見つけた一冊。 萩原博子著『隠れ貧困』 「貧困」や「下流」のキーワードは若干、…

吾輩は猫であるノート

4月1日から『吾輩は猫である』が朝日新聞に連載されるにあたり、その切り抜き用ノートの存在は気になっていました。 昨日付の夏目漱石の特集記事でそのノートの紹介を改めて見ていたら、切り抜きする気もなかったのにそのノートが欲しくなって、ASAに出向…

異類婚姻譚

芥川賞受賞作の一つ、本谷有希子著の『異類婚姻譚』読了。 冒頭、最初の一行目。 ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。 似た者夫婦の話なのかしらと読んでいくうちに、主人公の専業主婦「サンちゃん」と「旦那」の気だるい空…

れんげ荘

群ようこ著『れんげ荘』読了。 45歳、独身で実家住まい、広告代理店に勤めるキョウコ。多忙な仕事を終えて帰宅すれば、世間体第一の母親が待っていて、キョウコに文句や愚痴を浴びせる日々。そんな生活から解放されるため、キョウコは仕事を辞めて、都内の古…

三島由紀夫の言葉 人間の性

今日は税務署に出かけましたが、確定申告の相談窓口に並ぶこと4時間以上...。新書一冊読了するには十分な時間でした。 佐藤秀明編『三島由紀夫の言葉 人間の性』 『決定版 三島由紀夫全集』から抜粋した箴言集といったところです。 恋愛から政治に至るまで…

下町ロケット

ドラマ化された池井戸潤の『下町ロケット』今更ながら読了。 ドラマを先に見てしまったので、すでにネタバレ。相変わらずタイムリーに話題作を読めてないことを痛感しながらも、原作は原作なりに楽しめました。 半沢直樹シリーズもそうですが、著者の池井戸…

はいからさんが通る

漫画本・コミックにハマりだしたのは小学校三年生頃だったと思います。お姉さんがいるクラスメートたちは、お姉さんの漫画本を読んでその話を得意げに話しているのを聞いているうちに、「マーガレット」「フレンド」「りぼん」「なかよし」の言葉がインプッ…

ままならないから私とあなた

隙間時間に少しずつ読んでいた『文学界1月号』。その中に掲載されていた書き下ろしの作品です。 浅井リョウ著『ままならないから私とあなた』 二人の少女、薫と雪子。2009年から近未来の2022年にかけて、二人の対照的な姿を描いた作品です。 合理性を求める…

ひとふさのぶだう

近所のショッピングモールの催事で、古書店が出店していたので立ち寄ってみました。小規模なので、展示されている書籍は多くありませんが、それでもいまでは絶版となった全集ものや写真集など興味深い本が並んでいました。その中で目を留めたのがこの一冊。 …

The Snowman

テレビチャンネルを何気なく回していたら、ETVで『スノーマン』のアニメが流れていました。クリスマス・イブの23時に『スノーマン』。こんな時間に?と思いましたが、「あら、かわいい」と母がハマったので、そのまま一緒に見ることにしました。 絵本として…

吾輩は看板猫である (文春文庫)

表紙を見ただけで即買いの一冊。 『我輩は看板猫である』 下町の商店街ほど、猫にとって共生できる理想的な場所はないかもしれません。室内飼いと違って、自分の住む店からの出入りは自由だし、自分の飼い主と付かず離れずよい関係を保ちつつ、近所の店主や…

毒親の棄て方

最近、親子関係の事件が多い気がします。書店に行くと家族問題を取り上げた書籍が平積みしてありますし、昨日もこの下書きを書いているときに、ネットで40代の娘が80代の実母を杖で暴行し死亡させたニュースがありました。こうした高齢の母親の場合「介護疲…

非色

再読したい本の一冊に有吉佐和子著の『非色』があります。 1967年に初版された古い作品で差別がテーマになっています。現在でもヘイトスピーチやら数々のハラスメントなど、差別に関する問題がニュースで取り上げられているのをみると、誰の心にも「差別」は…

翻訳夜話

外資系法律事務所に勤めていたころ、親しかった翻訳チームの同僚から、翻訳の苦労話をよく聞かされました。法律文書ですから一字一句の解釈の違いは大きく影響しますし、かといって直訳すると文章としておかしくなるし、それを直すことで、原文と離れていな…

スクラップ・アンド・ビルド

羽田圭介著『スクラップ・アンド・ビルド』読了。 広告や書評を先に読んでしまったせいか、読む前と読了後と違う印象を持ちました。(以下、ネタバレ) 主人公の青年、健斗はカーディーラーを退職後、資格試験の勉強をしながら再就職活動中。同居する祖父は…

火花

遅まきながら、又吉直樹著『火花』(文藝春秋9月号)をやっと読了。 普段からお笑い番組を見ないので、芸人とかタレントとかの違いもよくわかっていない私にはこの作品は新鮮なテーマでした。「笑わせる」ことだけを追求していく芸人の苦悩や葛藤が徳永によ…